公開履歴
犬を診ている医者

日本では全員が健康保険に加入することが義務づけられていて、病院で治療を受けたり薬を処方してもらった時には3割分の負担で済みます。動物には公的な医療保険制度が設けられていないので、動物病院でペットの治療をしてもらう場合には全額分を負担しなければなりません。そのため、簡単な治療を受けたり薬を処方してもらうだけでも高額な費用がかかってしまいます。ペット保険は動物病院でペットの治療を受ける時の負担を軽くするための保険商品で、一定の掛け金を毎月支払うことで治療費の一部が保険金で賄われます。ペット保険のサービスを利用するためには費用がかかりますが、病気や事故で高額な治療を受ける際の負担を軽くすることができるというメリットがあります。

ペット保険でカバーされる治療の種類や負担割合には違いがありますが、基本的に病気やケガの治療の際に保険金が支払われます。加入前に受けた治療や、去勢手術・予防接種は保険金が支払われません。ペット保険は掛け捨て型の保険商品である点で人間の健康保険と似ていますが、保険料の請求方法の点でいくつかのタイプに分かれています。

人間の健康保険であれば、毎月の上限額以下は7割分の費用が保険金で賄われます。ペット保険の場合に支払われる保険金の金額は、人間と同じように決められた割合(定率補償)・治療費に関係なく定額(定額補償)・上限額の範囲内で全額(実費補償)の3パターンに分けられます。

定率補償では、5割分とか7割分までが保険でカバーされるというケースが多いです。定額補償であれば、治療内容ごとに一般的な相場を考慮した一定額の保険金が支払われます。安い動物病院が利用できる人は、定額補償タイプの保険に加入した方がお得です。実費補償タイプの保険は損害保険と考え方が似ていて、高額な治療を受ける場合にメリットが大きくなります。

動物病院を利用して治療費や薬代を支払った場合に、保険金を請求する必要があります。保険金の請求方法は大きく分けて2つのパターンがあります。ほとんどのペット保険は、動物病院に全額分を支払った後に領収書や診断書を送付した後に保険金を請求します。

最近は人間の健康保険と同じように、動物病院の窓口で自己負担分のみを支払う窓口精算対応の保険商品もあります。これは人間の場合と同じように、動物病院が保険会社に保険金を請求してくれます。このサービスが利用できるのは保険会社と提携している動物病院に限られますが、治療を受ける際の負担額が少なくて済むというメリットがあります。ただし、窓口精算対応のペット保険は毎月の負担額が高くなるというデメリットがあるので注意が必要です。

いずれのペット保険でも、動物病院で高額の治療を受けたり薬を処方してもらった場合でも負担額が少なくて済むというメリットがあります。ペットが高齢になると人間と同じように生活習慣病や癌などの病気に罹りやすくなってしまい、治療を受ける際に高額の治療費が罹ってしまいます。現在は動物の治療技術や薬が進歩したおかげで治せる病気の種類が増えていますが、治療費が非常に高いので保険があれば安心です。

記事一覧
【番外編】フィラリア予防薬は通販で買える? 2019年09月25日

犬を飼育する場合は、生涯にわたりフィラリアの予防薬を投与し続ける必要があります。気温が低い北海道でも夏の時期になると蚊が発生してフィラリアに感染するリスクがある...

ペット保険を組み合わせて使うメリットって? 2019年11月01日

一般的に保険には免責事項や補償金額の上限などが定められていて、ペット保険についても保険金が支払われる上限額が決められています。補償の上限は保険会社やプランによっ...

ペット保険のトラブル事例をご紹介! 2019年10月15日

ペット保険に加入することで高額な動物病院の治療費・薬代の負担を軽くすることができるというメリットがありますが、人間の健康保険とは違う点があります。人間用の保険と...

フィラリアに感染した場合には保険って使えるの? 2019年09月10日

犬を飼育する場合には、フィラリア感染症を予防するための薬を投与する必要があります。予防薬を投与しなければ、3年で9割以上の犬がフィラリアの寄生虫に感染してしまう...

ペットの代表的な病気の発症率を紹介します 2019年08月24日

ペットは飼育環境や体質によって病気に罹りやすかったりそうでない場合がありますが、犬や猫にはポピュラーで罹りやすい病気が存在します。比較的に体力のある雑種の犬また...

ペット保険はいらない?不要派の意見とは 2019年08月10日

ペット保険に加入しておけば、もしもペットが病気やケガをした時も少ない負担で治療を受けさせることができるというメリットがあります。ただし、中にはペット保険はいらな...