• ホーム
  • ペット保険のトラブル事例をご紹介!

ペット保険のトラブル事例をご紹介!

ペット保険に加入することで高額な動物病院の治療費・薬代の負担を軽くすることができるというメリットがありますが、人間の健康保険とは違う点があります。人間用の保険と同じように考えていると、保険金の支払いの可否や手続き上のトラブルが発生する恐れがあるので注意が必要です。加入後に問題に巻き込まれるのを避けるために、実際に起こったトラブル事例を役立てることができるでしょう。

保険のタイプに関係なく起こりやすいトラブルとして、フィラリアなどの伝染病の治療を受けた時に保険金が支払われなかったという事例です。ペット保険には補償対象外の治療や条件が定められていて、純粋に病気の治療であったとしても保険金が支払われないケースがあります。保証対象外の治療には分娩・避妊のほかに、ワクチンや予防薬で防ぐことのできる病気などが含まれます。ペット保険には補償対象となる条件が細かく決められているので、トラブルを避けるためには加入時にきちんと確認する必要があります。

補償対象の条件を満たすような治療を受けた場合でも、加入前に発生した病気・ケガとみなされると保険金が支払われないケースもあるので注意が必要です。ペット保険に加入する場合には、それまでの治療歴や障害の有無を保険会社に告知する義務があります。傷病歴について告知義務を怠って加入したり傷病名を偽って保険金の支払いを受けると、後から発覚した時に契約取り消しや保険金の返還が求められるケースもあります。ある程度まで成長してからペット保険に加入する場合は、過去の傷病歴をきちんと申告するように注意しましょう。

動物病院で補償対象の治療を受けてから決められた方法で保険金を請求したのに、支払いを拒否されたというトラブルも少なくありません。ペット保険の多くは初年度に限り保険金を請求して支払いを受けるまでに、一定の待機期間が設けられています。待機期間を過ぎてから補償期間がスタートするので、加入した直後に動物病院で治療を受けた場合は保険金が支払われない場合があります。会社によっては治療内容ごとに待機期間の長さが違う場合があり、癌や慢性疾患は待機期間が長く設定されているケースがほとんどです。

ペット保険をめぐるトラブルのほとんどは、加入者が契約内容をきちんと理解していないことで起こります。保険金の支払いについてのトラブルを避けるためには、事前に補償範囲・条件や待機期間などを確認する必要があります。