• ホーム
  • ペット保険はいらない?不要派の意見とは

ペット保険はいらない?不要派の意見とは

可愛い猫

ペット保険に加入しておけば、もしもペットが病気やケガをした時も少ない負担で治療を受けさせることができるというメリットがあります。ただし、中にはペット保険はいらないと考えいる人も少なくありません。ペット保険の加入を検討する場合には、保険が不要と考える人の意見を参考にしながらデメリットについても考慮することができます。

ペット保険はいらないと考える理由のひとつは、トータルコストを考慮すると保険に加入しない方が少ない負担で済むという考えがあります。基本的にペット保険は掛け捨て型なので、動物病院を利用しなければ支払った保険料の分だけ損をしてしまいます。月々の掛け金の負担に加えて、ある程度の金額は自己負担をしなければなりません。そのため、ペットが平均的な寿命まで生きると仮定するとトータルで損をしてしまう可能性があります。

ペット保険がいらないという具体的な理由として、自己負担額が3割の一般的なペット保険に加入すると、全額自己負担の場合の支払額を上回ってしまうという試算が存在します。例えば小型犬で自己負担額3割の保険に加入する場合、平均寿命(15年間)までに支払う保険料の総額は約73万円です。もしも椎間板ヘルニアと皮膚炎に罹って治療を受ける場合、自己負担額(3割)はそれぞれ7万円と5万円の13万円となります。トータルで支払う金額は85万円となりますが、全額自費負担であればそれぞれ23万円と17万円の合計40万円です。支払った保険料の元を取るためには、通常では考えられないほど高価な治療を受けなければなりません。

保険料の元が取れるほど何度も病気やケガの治療を受けるようであれば、体がかなり弱いことになります。そこまで病弱だと平均寿命まで生きることができないので、トータルコストだけを比較すれば損をしてしまう可能性が高いといえます。

ペット保険は民間企業のサービスなので、毎月の掛け金には保険金以外にも会社の利益や手数料の分が上乗せされています。人間が医療保険や生命保険に加入すれば節税ができるという副次的なメリットもありますが、ペット保険に加入しても税金が控除されることはありません。

ペット保険に加入すれば愛犬や愛猫が病気やケガをした時の負担額を軽くすることができますが、トータルで見ればかえって高くついてしまう場合があることはたしかです。一時的な負担を軽くするかトータルコストを低く抑えるかのどちらを優先するかによって、保険に加入するか否かを決める必要があります。